MENU

男だって赤ら顔が気になる!

 

「赤ら顔は女性だけじゃなく、男だって気になるよ!」

 

そんなあなたのために、おすすめの化粧水をご紹介します。

 

※メンズ用はなく、女性用となりますが、男性でも注文する方はたくさんいらっしゃいます

 

白漢 しろ彩

 

 

  • 返金保証:30日返金保証付き
  • 内容量:100ml※約60日
  • 定期購入:4,480円

 

デメリットは?

 

定期購入の場合は、3回以上の継続が必須です

 

 

しろ彩は顔の赤みの根本からアプローチし、赤ら顔モニターの86%の赤みを軽減させました。

 

また、ヒリヒリ感など刺激が少ないため、かなりおすすめ!

 

※30日間の返金保証があるため、お肌に合わなかったらどうしよう・・・
といった心配がありません。

 

 

【公式】>>白漢しろ彩公式サイトはこちら

 

 

 

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク

 

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:110mL※約1か月
  • 定期購入:3,600円

 

デメリットは?

 

返金保証がありません

 

 

ULU(ウルウ)は乳液・美容液・ふき取り化粧液・化粧水・導入液など1本で5役のオールインワン化粧品です。

 

また、完全無添加なので、赤ちゃん〜お年寄り真まで安心使えます。

 

【公式】ウルウ公式サイトはこちら

 

 

ビタK レッドX トナー

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:150ml※約1.5〜2か月
  • 定期購入:3,920円

 

デメリットは?

 

  1. 返金保証なし
  2. 定期購入は3回以上の継続

 

 

赤ら顔対策に良いと言われる、”ビタミンKを配合”しているビタK レッドX トナー。

 

皮膚科専門医が開発した化粧品でお肌のトラブルに最適な化粧水です。

 

【公式】>>ビタK レッドX トナー公式サイトはこちら

 

 

男性だってスキンケア!※どうして必要なの?

 

多くの男性は、スキンケアの習慣がありません。しかしきちんと実施しなければ、様々な肌トラブルを引き起こしてしまいます。

 

どうして必要かといえば、女性よりも皮脂の分泌が多く、汚れが溜まりやすい性質を有しているからです。

 

また、肌の内側に貯め込める水分量も少なく、外部からのダメージを受けやすくなっています。女性の場合、メイクによって皮膚に負担をかけますが、男性だと毎日のひげ剃りで、常に肌は痛みがちです。

 

夏場は屋外で仕事をすることも少なくないため、紫外線の影響を直に受けてしまいます。

 

スキンケアに関しては、肌質に合わせた商品を選ぶことが大切です。乾燥肌ならば保湿を重視し、脂性肌ならばさっぱりと洗い流してくれるものを優先していきましょう。

 

ただし洗顔は、朝と夜の2回に限定しなければなりません。あまり肌に刺激を与えると、それが引き金となり水分が失われたり、皮質の分泌を高めてしまいます。

 

洗顔料だけでなく、乳液や化粧水を併用すれば、保湿が強化されるので有用です。各種機能が一度に使えるオールインワンタイプもありますから、
忙しい人でも安心して利用できます。どうして必要なのかを正しく知って、男性ならではのスキンケアを施していきましょう。

 

 

赤ら顔Q&A

 

赤ら顔に疑問があるOL

 

赤ら顔の原因とは?生まれ持った体質なの

 

顔の一部や、広範囲が赤い状態の赤ら顔。恥ずかしいわけでもなく、お酒を飲んでいるわけでもないのに赤くて嫌だな、治したいなと思っている人もいらっしゃるでしょう。では、なぜ顔が赤いのでしょうか。

 

赤ら顔になる原因は、皮膚の薄さ・皮脂による炎症・気温が影響する毛細血管の拡張・ニキビの炎症・アルコール&香辛料などの過剰摂取が影響を与えていると言われています。

 

皮膚にある毛細血管は、気温に合わせて血管を拡張したり伸縮させたりして体温を調節。血管の収縮力が低下すると、拡張したままになり血液の量が増加してしまいます。すると通常では見えないくらいの血液が透けて見える為、顔が赤く見えてしまうのです。

 

他に原因で考えられるのが、生まれつきや体質のケース。例えば人前に出で話すと顔が赤くなってしまう赤面症も、このタイプです。赤面症は強い緊張が原因で自律神経が乱れ、血管が一時的に拡張して赤くなります。

 

では赤ら顔を治す方法はないのでしょうか。東洋医学では、赤みの原因は熱だと考えられています。熱は物理的な熱の他に、気の流れや血の滞りによって生じるものです。赤ら顔が気になるようであれば、ツボ押しをおすすめします。眉間の中央にある「印堂(いんどう)」や、左右の小鼻の脇にある「迎香(げいこう)」を押して赤ら顔を解消しましょう。

 

 

顔の乾燥肌!考えられる原因は?

 

顔の乾燥肌の考えられる原因としては、本来必要な皮脂までも取り除いてしまっていることがあります。これは女性に多く見られる原因ですが、女性はメイクをするためそれを落とすためにメイク落としを使います。特に濃いメイクやしつこいメイクは洗浄力の強いメイク落としを使うことになり、その際一緒に顔の皮脂も取り除かれてしまうのです。
皮脂が少なくなった肌は、肌の奥深くで保持されている水分が蒸発してしまい乾燥を招いてしまいます。そういった洗顔を続けていると肌の状態はどんどん悪化してしまい、乾燥肌になってしまうのです。
そのためメイク落としや洗顔料を選ぶ際には、自分の肌質にあったものを選択することが大切です。乾燥肌になってしまっている時は、できるだけ洗浄力が弱く刺激が少ないものを選ぶことが大切です。しかし洗浄力が弱すぎて肌に汚れが残ったままの状態も、よくありません。そのため汚れをしっかり落としながら乾燥肌にならないようにするには、その後のスキンケアが重要になります。できるだけ保湿できる成分が入っているものを選び、不足している水分を補った後に油分の入ったクリームなどで乾燥を防ぎます。こうすることで洗顔で肌の状態が悪化するのを防ぐことができます。

 

大人ニキビができる原因とは?

 

成長期のニキビは、成長ホルモンによって皮脂分泌が過剰になるために引き起こされます。

 

それに対して大人ニキビの場合は、ストレスや不規則な生活など様々な要因によって引き起こされるのが特徴です。

 

様々な要因によって引き起こされるため、改善するためにはその要因を一つずつ改善していことが必要となります。

 

思春期ニキビの場合は、皮脂が過剰に分泌されるTゾーンや胸などにできるのに対し、大人ニキビはUゾーンやフェイスライン、首などの皮脂の少ない部分にできるのが特徴です。

 

これは大人ニキビの原因が、ストレスなどによって増える男性ホルモンによってできるためだとされています。

 

男性ホルモンは皮脂を分泌するのと同時に、肌の角質を厚くすることによってニキビを発生させます。

 

つまり大人ニキビを改善するためには、男性ホルモンを改善する必要があります。

 

男性ホルモンはストレスや不規則な生活によって引き起こされます。そのため、ストレスはなるべく発散させるようにしながら、規則正しい生活でホルモンバランスを整えていくことが大切です。

 

また、スキンケアもきちんと洗顔を行いながら、皮脂の分泌を抑えるビタミンC誘導体などを使ったケアを行うことをオススメします。

 

アトピー性皮膚炎の原因とは?

 

アトピー性皮膚炎とはかゆみを伴う湿疹のある皮膚病変で、症状が良くなったり悪くなったりをくり返します。

 

湿疹は左右対称的に生じることが多く、眼や口の周り、首や手足の内側などに起りやすいです。アトピー性皮膚炎の原因としては様々なものがありますが多くは免疫の過剰反応によるものです。

 

ダニやカビ、ハウスダストなどの外部からの物理的刺激のほか、石鹸や化粧品などの化学的刺激により皮膚にストレスが加わると体内の免疫が過剰に反応して正常なサイクルを維持することができなくなってしまいます。

 

その結果皮膚に炎症が起きてかゆみが持続するというわけです。

 

皮膚への刺激には紫外線や汗、皮膚の汚れも大きな要因となるほか、ストレスや過労、睡眠不足などもアトピー性皮膚炎を誘発させる要因になります。

 

アトピー性皮膚炎ではとくに角質にある脂質が大きく減少するため皮膚が乾燥してしまいこのことが余計にかゆみを助長させてしまいます。

 

また皮膚を掻いてしまうことで皮膚のバリア機能が低下してしまうため、外部からの刺激をますます受けやすくなってしまうのです。

 

そのためしっかりと皮膚の炎症を抑えてバリア機能を保護するためのスキンケアが重要となってきます。

 

オールインワンジェルのメリット&デメリットを解説します

 

オールインワンジェルのメリットとしては、まずは基本的にはこれひとつでスキンケアを済ませることも可能であると言う点が挙げられます。

 

化粧水や乳液、クリームなどを使わなくても良いので、スキンケアにかかる時間、手間を短縮することができますし、
アイテムを購入する費用も削減することができます。

 

更にこれひとつでスキンケアを済ませることが可能と言う性質上、肌に良い成分が豊富に含まれていることが多いので、
より肌に対して効果的なアプローチができると言うのも、オールインワンジェルのメリットです。肌に触れる回数も極力、省くことができるので、スキンケアの際に発生してしまう肌への負担も避けることも可能です。

 

では反対デメリットはどう言った点が挙げられるかと言うと、ひとつは、やはり複数使いに比べると作用は劣ると言う点が挙げられます。

 

通常のスキンケアアイテムは特定の肌悩みに特化した成分が含まれていることが多く、それを使うことで肌に対しての作用が期待できます。

 

しかしオールインワンジェルの場合は、スキンケアに設けられた平均的なラインを満たすことを目的としているものが多いので、
ずば抜けて高い作用を望むと言うのは難しいです。また商品にもよりますが、全体的には1回の使用量が多いと言うのもデメリットです。

 

そのためトータルで見ると、コスパが低いと言うものも少なくはないと言えます。

 

 

化粧水の役割は?

 

洗顔後に何もせずそのままにしておくと、肌の水分はどんどん失われていきます。しかし水自体を顔に付けても表面はぬれても肌の内部には浸透せず、体温によって油分まで一緒に蒸発しさらに肌がカサカサになってしまいます。

 

化粧水の大半は水で出来ていますが、その他グリセリンやエタノール、皮膚を柔らかくするエモリエント剤や保湿成分を配合する事で、肌へ浸透しやすくなっています。

 

化粧水の役割は、肌に水分を補い調子を整えて柔らかくする事と、化粧水の後に使う乳液やクリームなどが肌にムラなく広がり効率よく行きわたらせるための役割や、肌の水分と油分のバランスを整えてくれたりもするのです。

 

また、化粧水は皮脂の余分な分泌を抑え肌を引き締めたり、肌を弱酸性に保ってくれます。

 

洗顔後にそのままにしておくと水分と一緒に油分まで失われてしまうので、乾燥を防ぐために肌が過剰に皮脂を分泌してしまうのですが、化粧水を使う事にによってこれを防ぐことが出来ます。

 

ただし、化粧水だけで保湿しようとしてもそれだけでは不十分なので、その後は必ず乳液でフタをするか、美容液や保湿クリームなどを使うとより効果的に保湿できます。

 

肌を乾燥から防ぐことでシミやシワ、たるみやくすみなど様々な肌トラブルにも効果が期待できます。

 

乳液の役割は?

 

夜、クレンジング、洗顔をして化粧を落としたらほぼ全員の方が化粧水、乳液、クリームといったスキンケアをすると思います。

 

洗顔後に何もしないでおくと顔が突っ張ったりする方が多いので化粧水は水分を補うものだと良く認識されています。

 

しっかりと補給したらお顔のツッパリ感も無くなり、そこで終了してしまう方もいますが、洗顔によって肌表面の皮脂膜が洗い流されるので、時間の経過とともにせっかく補給した水分は肌の奥に浸透し続けることはできずに蒸発してしまいます。

 

乳液やクリームは油分があるために特にニキビを気にする若い世代ではニキビが悪化するからと倦厭されがちですが、乳液などは角質層まで入り込んだ水分を逃がさないよう皮脂膜の代わりに表面に膜を作ってくれる役割があるので、化粧水とセットで使用することが化粧水の効果を発揮させるためにも必要です。

 

また、肌本来の潤い成分であるセラミドを肌に届ける役割があるので角質を柔らかくして肌のきめが整う効果があります。

 

クリームの方が油分が多いので、保湿力は乳液よりも高く翌朝までしっかりとお肌を守ってくれます。肌につける前に掌で少し温めてから優しく顔を包むようにつけるとお肌になじみやすくなります。